カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012/08/22 (Wed) 21:43
不要なのは英語一択だな

悩むけど重要なのは社会

何故なら政治・経済に関わらない人間はいないから
どんな仕事しても、どの階層に属しても
国家の中で生きてく上で政経には必ず関わる
その政経を理解するために、地理と歴史は絶対条件
地理的要件は経済に関わるし
歴史を知らなければ政治が理解できない

大きく回り回るけれど
この二つは国益として自分に帰ってくる
政治と経済は他人事ではない
実際に他人事と思って民主党なんかを
第一党にしてしまうから今の日本の体たらくがある

無論、数学の論理的な思考や
国語の読解力と文字による表現力も重要
科学のみやや趣が違うけれど
科学そのものが非常に重要
生活の発展と安全それと持続性に
科学は無くてはならないものだから

そう考えるとやっぱり英語は不必要だよね
日本語が未熟な言語で英語の語彙をカバーできないなら
国家の発展のために最重要な科目かもしれないけど
幸い過去の偉人のおかげで英語は日本語に翻訳できる
ある程度の人口が英語から日本語に変換してくれれば
それ以外の大多数は別に英語ができなくても困らない

ただ、全く必要ないかと言われるとそれはないよね
中学・高校と嫌々でも英語をやれば
英字紙は辞書を片手になんとか読めるよね
別に英字紙じゃなくても英語環境しか無いソフトとか
そいうものでもなんとなく使い方がわかる
そういうのって今後英語が必要になった場合に
下地として生きてくると思うんだよね
全くないよりもある程度経験があった方が
応用が効きやすいというか

そう考えると不要というよりは
英語と社会の授業時間を逆転させるのが
ちょうどいい塩梅だと思うよ

<< 今まで何を信じていたんだ? | ホーム | どこまでやるんだろう? >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。