カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009/04/22 (Wed) 22:11
映画とゲーム

ふと気づいたのだが・・・
映画って始終音楽が鳴って無い
ゲームって始終音楽が鳴ってる
この違いって何なんだろう?

ファミコンとかスパーファミコンの時代なら
機能的に環境音を再現しきれないから
音楽で代用していたと考えることも出来るけど
昨今のゲーム機でそれは無い
効果音が出せる出せないとかのレベルではなく
洞窟内から開けた場所へ移動した瞬間に
残響音まで変わったりする
ここまで正確に音を再現できるのならば
見せ場だけ音楽を鳴らすのでもいいと思う
それこそ映画やドラマのようにね。

でも実際には大多数はそうなって無いし
実際そうなってるモンハンなんかはやや寂しく感じる
しかし映画の場合はそんなことは無い
寧ろ始終音楽が鳴ってる方が五月蝿いようなイメージがある

この違いはどこから来るのか
どちらも映像の芸術という点に置いて変わりは無いのに
そこにある音の魅せ方が全然違う。

気づいてみると非常に不思議で気になる現象です

<< 罪悪感 | ホーム | 任天堂ショック >>

コメント

おつかれさまですー

映画とかは製作者側がペースを決める、ゲームは
プレイする人のペースで進むからじゃないですかねー
映画は、見る人の意思と関係なくどんどん情報が入ってくるから音楽無しでも気にならないけど、ゲームは遊ぶ人が操作しないと話が進まないし画面も変化しないから音がないと物足りない・・・そんな感じじゃないですかねー(笑

かもしれないですね。

情報が流れていくから気にならないと言うより
必要以上にあると邪魔なのかもしれないですね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。