カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009/04/06 (Mon) 23:39
チャンスを逃すのか?

ミサイル飛んできました
まぁ、大方の予想通り日本には被害が無かったけど。
しかしそれでも脅威は脅威このタイミングで武装を宣言しても
国際的にそこまで反発されることは無いと思うのですよ。

まぁ、実際に武装するかどうかは別問題で
少なくとも国家としてはこいうことは見過ごせない
今後の脅威に備える為に日本は武装すると宣言すれば
それは経済制裁よりも有効な制裁として機能すると思うのです。

経済制裁も意味がないわけではないけれど
南と違って北は経済的に日本に依存してるわけでは無いし
そもそもああいう独裁国家に経済制裁を科したところで
国民の生活がジワジワでもいきなりでも困窮して
政府が突き上げくらって次回の選挙で勝てなくなるとか
そういうことは望み薄なわけです。

結局のところああいう軍事独裁国家に要求するなら
「調子に乗ってるとぶっ殺すよ?」
そう言えるだけのもしくはそう思わせるだけの力は必要なわけです

そして北を相手にすると考えた場合は
そのウラにいる中共に対しても圧力をかける必要がある
中共というか大陸に住んでる人間は
台湾を手中に入れる為なら戦争も辞さないと本気で思ってる
その際に日本が本格的な軍事武装をしていると邪魔になる
ならば日本が軍事武装をする根拠になっている北をどうにかすれば
当面は日本が軍事武装をする理由がなくなる
中共がそう考えれば北に対する圧力は増すだろうし
中共が本格的な圧力を加えれば北もある程度は
日本なり米国なりの言う事を聞かざるおえない状況になる。
いささか楽観論であることは否めないけれど
試してみる価値はあると思うのです。

ただし、本当に武装するつまり侵攻用の武力を手に入れる
それに伴い九条を破棄するというのは別問題
はっきり言って侵攻用の装備を手に入れることにまでは
反対です。いい悪いじゃなくてお金的にね・・・

しかしそういう意思を見せるコトは無駄では無いはず
国際的な反発を受けなければね。
そして国際的な反発を受けるかどうかはタイミングが重要
今回のミサイル発射はそのタイミングの一つだと思うのです

まぁ、前回、前々回のミサイル発射でも核実験の時でも
拉致が発覚した時でもそんな状況にはならなかったから
今回もそんなことになるわけは無さそうだな。

<< ワイルドアームズか・・・ | ホーム | こんな風になるよ~ >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。