カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月別アーカイブ

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008/05/19 (Mon) 23:48
何故、世界は崩壊するのか

まぁ、そんな重い話ではないのですけど・・・

ゲームや漫画で結構多いのが世界崩壊系の物語
つまり最初は100なのにエンディングに向かうにつれ0に近づく
そんな物語の類の事を個人的に世界崩壊系と呼んでます。

物語全部を通して悲壮感があるからなのか
よく見かけるタイプです。
でも僕はこの手のタイプはあまり好きではなく
寧ろ世界復活系の物語が好きなのです。

例えば世界崩壊系の物語だと
主人公側は常に後手に回らざるおえません。
何故なら主人公側が先手に回ってしまうと
世界が崩壊しなくなってしまうからです。
主人公側が世界を壊すならいいのですけど・・・
また稀に先手を取ったとしても
結果から見ればそれはただの徒労にしか映りません。
そういった一つ一つが物語の爽快感を奪うので
僕は世界崩壊系の物語が好きではないのです。

では逆に世界復活系だとどうなるか・・・
これだと主人公が先手を取っても問題ない
元々主人公側は世界を救うもしくは再生させる側だから。
また常に先手を取っていると敵側に迫力が無くなるので
主人公側が後手に回ることもあると思いますけど
その場合でも後手に回ったことを挽回する
見せ場というものを作る事ができるので
どっちにしても主人公側がかっこよく映ります。
こういう展開の方が燃えるので
僕は世界復活系の物語が好きなのです。

しかし現実は甘くない(笑
僕が見てきた中でも純粋に世界復活系といえるのは
(意外にも)SCEのダーククロニクルくらいですからね。

<< iTunesでオートフィル | ホーム | 不発弾 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。